« 2008年03月 | メイン | 2008年11月 »

2008年06月 アーカイブ

2008年06月22日

おなかが減った?

なんか最近、変な日本語を使う人が増えているなぁ。
「おなかが」なら「すいた」、「減った」なら「腹が」だろ、

なんて思っていたら、ちびまる子ちゃんの主題歌(おどるポンポコリン)のラストが
「お~なかがへったよぉ~」であることを思い出しました。

ちびまる子ちゃんのテレビ放映開始は1990年1月。「おどるポンポコリン」は初代エンディングテーマ曲(2001年以降はオープニングテーマ曲)です。ということは、その当時から「おなかが減った」という言葉を使う人が相当数いたということになります。

二つの慣用句が混ざり合った誤用の例としてよく挙げられるものに「的を得る」があります。「的を得た質問」に「的を得た回答」など、この表現を使う人はとても多いのだけれど、「的を射る」、あるいは「当を得る」が正しい表現だとされています。

ちなみにATOK(日本語変換)で「まとをえる」と打ち込むと、
《「的を射る/当を得る」の誤用》と注意書きが表示されます。

試しに「おなかがへった」を変換させてみたら、このような注意書きは出ず、
そのまま「お腹が減った」と変換されてしまいました。
既に市民権を得ているということでしょうか。

でも、やっぱり気持ち悪い。
「お腹がすいた/腹が減った」の誤用だと思います。

------------------
以下、6月25日に追記

「おなかが減る」について調べていたら、有名な童謡が引っかかりました。

「おなかのへるうた」
阪田寛夫作詞・大中恩作曲

どうして おなかが へるのかな
けんかをすると へるのかな
なかよししてても へるもんな
かあちゃん かあちゃん
おなかと せなかが くっつくぞ

どうして おなかが へるのかな
おやつをたべないと へるのかな
いくらたべても へるもんな
かあちゃん かあちゃん
おなかと せなかが くっつくぞ

この作品の発表は昭和35年10月。
この当時から「おなかが減った」という表現が使われていたことになります。
「はらがへるのかな」では子どもらしさに欠け、
「おなかがすくのかな」では語感としてメロディに乗りにくい。
そんな事情もあったのかもしれません。
「サッちゃんはね サチコってゆうんだ ほんとはね」で始まる
「サッちゃん」(昭和34年発表)も阪田寛夫さんの作品です。

About 2008年06月

2008年06月にブログ「It's fine today!」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年03月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。